過去日記 2004年 4月

ホーム > テキスト > 日記 > 2004年 > |


2004-04-02 うっひょー

ぎのわ〜ん!

2004-04-11 島帰り

突然ですが休暇の目処が立ったので、バリ島に1週間行ってきました。しばらくコンピュータとかネットとかに浸かりっぱなしだったので、今回はあえてそういったものと自分を引き離そうかな、というのが目的でした。

思い立った翌日に全ての手配をして、その翌朝には出発という行程。準備期間が短かったのでかえって荷物も減って、持参したのは着替えの他に、電化製品では WorkPad 30JとCD Walkmanくらいですか(肝心のディスク持ってくの忘れましたけど)。あっそれと前の日にダイソーで買った懐中電灯。それから文庫本が 7冊。

写真機は、今回はデジカメだけ持って行ったんだけど途中でスマートメディアが逝ってしまったので、写真もほとんどありません。このカメラもそろそろかなという予感があったので、不思議とショックは少なかったかな。最終日に携帯についてるカメラで少しだけ撮ってきましたが。

まあそんな感じの、本当に丸腰というか、本読むための旅行といった雰囲気で、持ち物としては近所の銭湯に行くときとほとんど変わらないという状況。荷物はリュックひとつにまとまったので移動も楽。こういう旅行もありだなあと思いました。

そうそう旅先では、前半はホテルに泊まって午前中はプール、お昼のレストランにも夕方のガムランのパフォーマンスにも車で送り迎えというお殿様状態だったのが、一転して後半は民宿みたいなとこに泊まって、近所のお寺のお祭りに2日続けて出させてもらったりなど地元文化のまっただ中に迷い込んでしまい。どっちも思ってもみなかった展開で、やたら面白く過ごしてきました。

とくに出させてもらった3つめのお祭りなんですが、地元の人にだいたいの場所を聞いて行ってみたんだけど、終わってみたらその場所はこのあたりの本当のお殿様の住んでたあたりだし、参列してたのはちゃんとした身なりの人ばかりで思ったより人数がとても少なくて、当然外国人なんか僕だけという状態で。

村のお寺の祭りだと思ってたんだけど、あれはかなりな確率で、お殿様の一族の家族寺のお祭りだったのではないかと... 状況を考える限りそう考えるしかなさそうなんですが、本当によく入るのを許してくれたなあというか、東京に戻っても思い出すたびに押しかけちゃってすいませんと心の中でつぶやいてしまうことです。

2004-04-12 MY SONG 2004

良い歌でしょ :-) シフクノオトは本当のCDなので自分も買うと思う。「僕が僕であるために」もシングルカットしてくれないかなトイズファクトリーで(ここんちは偽円盤だしてないからね)。出たら絶対買うのに。

あ、でもいま聴いてみると、少々気負い過ぎかなって気もするんだけどね、でもこれって17かそこらのときの曲だからなあ。まあそれはそれで良しってとこかな。

2004-04-13 CCCDのおかげです、その後

以前ここで、去年暮れのBeatlesの「新譜」Let It Be Nakedについて、amazon.co.jpの売上ランキングでの面白い現象を報告しました。CCCDとしてリリースされた国内盤よりも、規格通りのCDとしてリリースされている輸入盤のほうが、圧倒的に売れているようだという内容です。

今までは輸入盤を選ぶことで、消費者はCCCDではなく規格通りのCDを購入することができたわけです。しかしこの方法は今後はもう不可能になろうとしています。音楽業界からの働きかけで、音楽CDの輸入に「輸入権」なるものを設定する法改正が、今の国会で審議されることになりました。

元々「邦楽CDの逆輸入阻止」のための法改正と説明されていましたが、できあがった改正案はひろく音楽CDの輸入全般に適用される内容になりました。たとえば上のBeatlesのような場合、国内のレコード会社がCCCDでリリースした作品であっても、非CCCDであるUS盤の輸入を差し止める権限が、国内のレコード会社に認められることになるらしいのです。

なにか引っかかるものを感じた人は、まず下の記事を読んでみてください。

ヘンじゃないか輸入権
http://www.be.asahi.com/20040410/W12/0025.html

この法改正については、消費者の選択肢を奪うという以外にも、さまざまな問題が指摘されています。その一つ一つを書こうとするともう文章はこの256倍の長さになりかねないほど、この改正案やここにいいたるまでのプロセスには突っ込みどころ満載なんですが... そろそろ国会での審議が始まってしまうらしいので。

2004-04-15 Believe it or not

うーん中の人ってやっぱりどこにでもいるみたいですね。うちのiTunesの中の人は最近、こっちが寝入った頃を見計らって突然すんごいうるさい曲をかけて自己の存在を誇示するという技を最近会得した、やんちゃ盛りであるようです。もっと大人になってくれよと...

2004-04-17 バリ島のネットカフェ

バリ島の話の続きですが、街中で前回訪れたときと違うのは、やたらとインターネットカフェができてること、しかも結構流行っていることでした。

4月で観光客がそう多い訳じゃないんで、普通の飲食店はもうガラガラなとこがほとんどなんですが。なのにネットカフェだけは、数十メートル歩くごとに店があって、しかもほとんどの店で人がいる。びっくり。

旅先でオンラインになるのは好きずきだと思うので、今回僕は必要がなくて利用しませんでしたけど、長期滞在するときなんかには便利かもしれないとは感じました。

「日本語OK」をアピールしてる店もあって、少なくともウブドにいく場合メールやウェブをちょっと見るだけならば自分のコンピュータを持ってく必要はもうなさそうです。


※内容は、日記を書いた当時のものです。

ホーム > テキスト > 日記 > 2004年 > |


Life with PalmPilot Life with PalmPilot