PiloWeb Guide 2002

last update: 2002-01-02

(Unofficial) PiloWeb Guide 2002

- Home

- Introduction

- PiloWeb Links

- Saving Memory

- for Webmasters

- about this site

PiloWeb Channels:

- Palm 2002

Flea Market:

Site Settings:

- Palm Devices

- News

- Readings

- Entertainment

自分で書いたページを PiloWeb 対応にするためのページです。

キミのサイトも PiloWeb 対応!

あなたのページを PiloWeb で読めるように

最近の Web ページの中には、いろいろ凝ったレイアウトをするものが増えました。フレーム、テーブル、et c... こうしたページはデスクトップマシンの Web ブラウザで読むにはよいけれど、 PiloWeb で切り出したりするにはちょっと難があったりします。また、見出しに GIF とか多用してるページについても、似たようなことが言えそうです。

そこでこのページでは、このようなページを PiloWeb で読んでもらうためのコツを考えてみましょう。難しいことじゃないので、さらっと読めばきっと十分です。

PiloWeb 向けサイト情報の提供

PiloWeb で読みやすく、ということは、適切なサイト設定の情報を提供するというのとかなり近いかな。ページを書いてる人が、最適な切り出し情報を公開すれば、読者も安心して PiloWeb で巡回してくれるでしょう。

それはだいたい、こんな感じでいいはずです:

サイトの名前

ボクのホームページにようこそ!

サイトのURL

http://yourserver.ne.jp/~yourhome/filename.html

切り出しの
最初の文字列

<!-------- BEGIN_PILOWEB_ARTICLE -------->

切り出しの
最後の文字列

<!-------- END_PILOWEB_ARTICLE -------->

(ロゴやGIFテキストがある場合のみ)<IMG>タグのaltを表示 にチェック

ちなみに上の URL は実在しませんが、他の設定はいま見ているこのページとか、サンプルで用意したこのページに、そのまま適用できるようになってるので試してみるとよいかもです。で以下に各項目の説明を。

項目解説: サイトの名前

これはまあ、自分のサイトの名前を入れればいいと。

項目解説: サイトのURL

これもわかりやすいです。目的の文書をブラウザでみたときの URL を書くだけ。

ただし画面をフレームに分けているような場合、ブラウザの URL 欄の表示と 目的のページの URL は一致しない場合があるので注意。フレーム使いをやめるのが一番簡単でいいんですが、そうも言っていられない場合は目的の場所で IE なら右クリック、出てきたメニューの一番下「プロパティ(P)」を選んで、表示された URL をコピペすれば良いはず。

項目解説: 切り出しの最初の(最後の)文字列

もしあなたのページの中に、メニューやヘッダ、フッタがある場合、その部分をさけて切り出した方が読みやすくなります。これは 「切り出しの最初の文字列」 「切り出しの最後の文字列」 に、切り出す範囲の目印となる適切な文字列を与えてやれば可能です。

ここで可能な方針は 2つあります。今あるページ上の決まり文句を使うか、新たに目印となるフレーズをソースに埋め込むか。

自分で書いているページだったら、おすすめは後者ですね。前者だとページを書き換えてしまうと、切り出し情報も変えなければならなくなる可能性があります。しかし後者ならば、切り出し用のフレーズを HTML 上のコメント文にしておけば、見かけ上の文章をどんなに変えても平気ですから。

ということで、上の例では、切り出しの目印となるコメント文をソースに埋め込んである、という想定です。読んでもらいたい部分を、これらのコメントで上下からはさんでやるような感じにすればいいです。具体的には、このページのソースを見てみてください。

※各サイトで挿入する切り出し文字列の共通化について、関連するページをこの文書の最後で紹介していますので参考にしてください。

項目解説: <IMG>タグのaltを表示

ロゴや見出しなどのテキストにGIF画像 を使っている場合、DOCリーダや画像を表示しないブラウザではその部分が表示されないので、訳がわからなくなってしまうことがあります。

そんな場合はこの「<IMG>タグのaltを表示」チェックボックスを ON にするといいです。HTML ソースのほうでは <IMG> タグに「alt="ほげほげ"」といったオプションをつけておきます。こうしておくと画像があった場所には、画像そのものの代わりに「ほげほげ」という文字列が表示されるので、画像を使わないブラウザでも意味の通った文書になるでしょう。

蛇足。こうした配慮は一般に「アクセシビリティを高める」なんていわれることがあります。通常は障害者によるアクセスという文脈から語られることが多いのですが、実際には健常者であっても、このように高いアクセシビリティのメリットを受けられることは多いです。もちろん気にしすぎる必要はなくて、実際このページにしたってかなりひどいもんです。ただ、ほんの少しの配慮で実用的なアクセスパスが増やせるってことだけでも、覚えておけば得をするかもしれません。

テストしてみよう!!

これらの情報が揃ったら、自分の PiloWeb にこの情報を設定して、うまく切り出せるかテストしてみましょう。

うまく切り出せたら...

うまく切り出せたら、あとはこれをページのどこかで告知しましょう。上の表みたいなセクションを自分のサイトの About ページに作っとけばとりあえずは OK ですが、 PiloWeb の 「データの書き出し」機能を使って PiloWeb 用サイト設定データファイルを作り、ダウンロードできるようにしておけば、もう完璧ですね。

あ、それをついでに僕あてに送ってもらえれば、自分のページでも告知させてもらいますよー ;->

究極は

PiloWeb 専用にレイアウトされたページを用意できれば、それが究極でしょうね。それなり手間がかかるはずですが、工夫して解決しているこんなサイトもあります。デスクトップブラウザ用のホームページとは別に PiloWeb用のページがあり、この URLは当然開示されていますから、ユーザは名前と URLだけ設定すればいい。簡単です。こういうサイトが増えてくれるとうれしいです。

百式: 今日のドットコム
http://www.100shiki.com/

いろいろ考える...

ここからは、ちょっと話が変わるのですが。

各サイトの切り出し文字列が共通になったらいいですよね。同じタグでマークアップされたサイトならば、設定をコピーして URL 変えてやるだけで 設定完了になるはずですから、 PiloWeb 設定はとても簡単になるんじゃないかな。で、そういうサイトは目印の GIF かなんかがついてたら、もっといいかも。

とくに今のところ、そうした共通化の試みってないみたいですけれど、どこかでそういう決め事がはじまらないかなあ。 そういうルールがあると、 PiloWebユーザもページを書く人も便利だよ、きっと。

付記: というわけで、共通設定の提案

ということで、実際にソースに埋め込むコメント文の共通化について、1ページおこしてみました。

テキスト切り出し共通設定案 http://www.somethingfine.com/pilot/pwguide/commonsetting/

上の文書では Palm を実際に使っていないウェブマスターさんも想定した文章にしたつもりです。説明が必要なときなどの参考にしてもらえればということで、とりあえずドラフト。

この文書の改版履歴

1999年 8月 初稿をオンラインへ。

2000年 3月 ドラフトのまま一部改稿。

2002年 1月 2日 切り出し部分のマークアップ用タグが HTML 的に問題ありだったのを修正。この文書そのものの HTML も多少フィックス。サンプルの HTML を多少分かりやすく変更。小ネタを多少増量。文章そのものに多少手を入れた。以上をもって一応の完成 (ver.1.0) とします。これらの見なおしにともない URL を http://www.somethingfine.com/pilot/pwguide/getready.html に変更しました。

2002年3月13日 共通設定案ドラフトのページへのリンクを追加しました。

Any comments? Feel free to email me at michiro@somethingfine.com

 

 
  | Life with PalmPilot |